花びら型の手作り結婚指輪

花びら型の手作り結婚指輪

大阪府下よりご来店。手作り結婚指輪を作るのは自分たちでワックスの原型を削って作ります。自分たちで作るので自分たちの好きなように作ることが出来ます。

珍しい形を作ることが出来る

一般的な結婚指輪は真っ直ぐな形か少し歪んでいるようなシンプルなデザインが多いです。今回手作りしていただいた形は側面からみると立体的に花びらの形になっている珍しい形です。

手作り結婚指輪の原型

原型を見ていただいても変わった形になっているのがおわかりと思います。

作るのが難しいように思われる人もいると思いますが、とっても簡単なんです!花びら型に山形に飛び出ていますが、最初の状態は山形の一番厚みのある平打ち型の原形を作り花びら型に見えるように5か所を凹むように削るだけです。

5か所というのがポイントで4か所だとくぼみがずれていると目立つようになり気になります。また、6か所でも正確に対角する山が同じでないと気になってしまいます。ですが、5か所だと山の大きさや広さが多少違っても目立たず気にならない数なのです。

上のワックスの写真も正確には山形の厚みや幅は均等ではありません。ところが見た目は全く気にならないと思います。5か所はちょうど花びらに見えて製作も簡単という初心者の方の手作りにはもってこいの形です😃

このページで紹介している花びら型以外でも既製品には無いようなデザインを自分たちの手作りでいろいろなデザインがつくれます。手作りで結婚指輪を作る大きなメリットになっています。

手作り作業風景

さて、お客様の手作り作業風景ですが、簡単に作ることの出来るデザインなのでそれほど苦労もせず作っていただきました。一つだけ時間がかかったのは彼の指のサイズが大きく内側を削ってサイズを合わせるのに苦労をしたようです。

指輪の内側を削る作業

指輪のサイズが大きいと少し手間がかかる

チューブ状のワックスのサイズは約9号ぐらいですが、20号ともなるとかなり広げなければいけません。写真はリーマーという道具を使ってワックスの穴の部分を広げて指輪サイズを合わせる道具です。

ワックスに入れてグリグリと回すとリーマーの幅内側を削って大きく広げることが出来ます。男性の一般的な指輪サイズは15号程度なのでそれほど時間はかかりませんが大きくなるとそれなりに時間がかかります。

また、サイズが大きいということは内周の面積も大きくなるので削る面積が広くなるということです。面積が広くなると削る抵抗も大きくなるので小さいサイズよりも少しコツがいるようです。ですが、初心者のお客様のサポートはプロの職人が行いますのできれいに出来なくても職人が内側を仕上げてサイズをきれいに合わせますので安心してください!

他の作業はとっても簡単!

基本的に難しい作業がある場合は不要なワックスを使って少しだけ練習してから本番のワックス作業をして頂いております。今回のデザインは山形を作る部分を少し練習していただきましたが練習無しでも十分出来る作業です。

ワックスの切断

写真はワックスを切り取る作業の写真ですが、ワックスは柔らかいので簡単に切ることが出来ます。切るときに切った断面が多少凸凹になりますが、凸凹の面はヤスリで簡単に平面にすることが出来るので安心してください!

この方の場合も原型が完成するまでの所要時間は約2時間で出来上がりました。ご相談時間を含めても3時間程度で作業終了です。あとは当店で貴金属に鋳造して仕上げていきますので完成までは自宅で待っていただくだけです。

完成した結婚指輪がこちらになります!

花びら型の手作り結婚指輪

側面から見るときれいに花びら型になった結婚指輪が完成しました!

この度はご来店ありがとうございました😊