拘った形を手作りした結婚指輪

U字型のダイヤが豪華な手作り結婚指輪

結婚指輪の手作りは大変人気になっており当店でも多数ご予約を頂いております。手作りで作るデザインはあまり細かくて複雑なデザインを作るのは難しいですが、頑張ればこだわりの他に見ぬ結婚指輪を自分たちで作ることが出来ます。

今回ご来店のお客様も細かい部分に拘った結婚指輪を手作りしていただきました。

結婚指輪の大まかなデザイン

手作りで結婚指輪を自分たちで作る場合はまずどのようなデザインの指輪を作るかを正確に決めていきます。大まかにはどのくらいの幅にするか、真っ直ぐな形なのか歪んでいる形なのかを決めます。

今回のお客様はデザインに拘り、全体のフォルムはU字型で左右から伸びた腕がトップ部分で互い違いに合わさっているデザインです。文章ではわかりにくいのでまず完成した結婚指輪をご覧いただきます。

この重なり具合にも拘り、浅くでもなく深くでもなく指輪の幅に合うような重なりを図に描いて検討していきました。

当店にご来店いただいた際には沢山の見本リングがあり、それを見ながらデザインを決定することもあります。今回のこのデザインも店頭の見本リングを少し参考にして決めました。

早速作業の開始です!

S字型やV字型など歪んだ形の指輪は、その形をワックスから削りだして作ります。

削り過ぎないように丁寧に削ります。

左右の腕が重なる部分は全体のフォルムが出来た後で分け目をつけて整えていきます。

細かい部分なので丁寧に。

ヤスリも細かい部分を仕上げるための細目ヤスリを使います。左右の腕が平面ではなく山形になった腕と平面になった腕を作ります。むつかしい部分の仕上げは当店の職人がお手伝いしますので安心して作業していただいております。

レディスには腕の片方にダイヤモンドを沢山埋め込むのでダイヤの入る太さに削らなければいけません。

細く過ぎてはダイヤが入りませんし、太すぎてはダイヤ以外のスペースが広くなってしまいデザイン的にきれいに仕上がりません。

初めて手作りするお客様ではどのくらいの太さにすれば良いかがわからないと思いますので削り落とす部分はマジック等でしるしをつけて、しるしの部分を削っていただきます。

当店側の指示もうまく伝わるようにしなければお客様もわからないので細かく指示するためにマンツーマンの作業です。

結婚指輪ワックス原形の完成

作業を始めて数時間後に原形が完成しますが、今回のお客様の指輪は微妙な削り具合がデザインの良し悪しを決めるので少し時間がかかりましたがかなり上手に出来上がりました。

ワックスの段階では金属との質感のギャップがあるので上手くできたかどうか判りにくいですが、かなり上手に出来たと思います。

出来上がったワックス原形をお預かりしてお客様手作りの結婚指輪が完成しました!

手作り結婚指輪の完成

U字型に繋がった左右の腕を見ていただくと右側は平面で、左から伸びてきた腕は山形になっており山形の尾根を境に下半分をつや消しにしています。

レディスは沢山ダイヤを埋め込んで豪華に仕上げたデザインは初心者のお二人が手作りしたとは思えないような仕上がりです!

初めて手作りするお客様でもこのようにこだわったデザインを作り上げることが出来ます。是非皆さんも手作りで結婚指輪を作ってみてはいかがでしょうか!