ヤスリで削った面をミラーボールの様に磨いた手作り結婚指輪

ヤスリ作業

結婚指輪を作るための元になるワックスはとても柔らかくヤスリで簡単に削ることが出来ます。自分で簡単に削ることが出来るワックスの特性を利用して削った削り跡のいびつになった面を利用して手作り感のある表面のデザインにすることが出来ます。

ヤスリ作業

いびつな指輪原型の作り方

ワックスはチューブ状の形をしているので作りたい幅で切り取るだけでドーナツ状の形になります。

切り取ったワックスのサイズ、厚みを削るだけでシンプルなストレート型の原型であれば1時間もあれば完成します。

厚みを削る作業の時にヤスリで削っていくのですが、この厚みを削る作業の時にヤスリで削った削り跡が表面に残ります。ツルっとしたきれいな甲丸型にするにはヤスリの削ったいびつな面を細かく仕上げていくのですが、あえて荒く削って凸凹した形で表面の削り跡を残していきます。

ワックスを削る作業

ワックスの持ち方をわざと不安定な固定で削るなど、不規則に削れるようにしていきます。

そうすることで凸凹した大小のいびつな表面になります。

完成した結婚指輪の原型

結婚指輪ワックス原型

こちらのお客様の場合はレディスを細目、メンズは少し幅を広く作っていただきました。

表面が凸凹した形が出来上がりました。ヤスリで削ったヤスリ目もそのままのこして仕上がりになっていますが、細かいヤスリ目のみ磨いて大小のランダムな面はそのまま残します。

完成したワックス指輪原型をお預かりしてプラチナ鋳造により貴金属に仕上げていきます。

プラチナで仕上がった結婚指輪

こちらが仕上がった手作り結婚指輪です。

削った面をミラーボールの様に磨いた手作り結婚指輪

凸凹した表面のデザインをそのままのこし細かいヤスリ目を光沢に仕上げていくと大小の平面がいびつに並んだミラーボールのような表面になります。

単純な甲丸リングと違って光の反射も動くたびにキラキラと輝き、美しい仕上がりとなりました。

削った面をミラーボールの様に磨いた手作り結婚指輪

ごつごつした感じは男性物を幅を広くすることで力強い印象を与えますが、レディスのように細身で仕上げることで繊細な輝きを放ち女性らしい結婚指輪になります。

このたびはありがとうございました!