個性的なオリジナルの模様を入れた手作り結婚指輪

個性的なオリジナル模様を入れた手作り結婚指輪

自分で作る手作り結婚指輪はワックスを削って指輪の原型を作ります。ワックスはろうそくのロウのような素材で爪でがりがり削れるほどの固さなので女性でも簡単に削れ、模様なども自分でワックスを削ることで好きなデザインにすることが出来ます。

指輪を切り出す京都のお客様

指輪の幅でチューブ状のワックスを切るだけで、ドーナツ状のリングの形になります。このリング状のワックスを削って厚みや幅を調節しながら自分たちのオリジナルの形にしていきます。

ワックスを削る京都のお客様

ここでご紹介のお客様はシンプルな甲丸型の結婚指輪原型を作り、その表面にオリジナルの模様を彫っていただきました。

彫る模様によってあまり細かい模様を彫るのは難しいですが、器用な人なら様々な模様を彫っていただくことが出来ます。

こちらのお客様に手作りして頂いた結婚指輪ですが、表面に斜めに溝がついています。この溝の広さは一定な太さではなく、溝の初めと終わりの部分で広さを変えて末広がりのような溝の形になっています。

削る方法としては丸ヤスリで溝を彫りました。

個性的なオリジナル模様を入れた手作り結婚指輪

写真を見ていただくとお解りの様に溝の片方が広く、片方が狭くなっています。なんとなく水の流れや風の吹く様子をモチーフになっているようですが、詳しい意味はこの結婚指輪を手作りしたお二人だけの秘密のデザインです。

レディスの方のみ溝の縁部分にミル打ちを施して可愛らしい模様に仕上げています。

個性的なオリジナル模様を入れた手作り結婚指輪

メンズは男性らしく溝のみの模様でミル打ちは入れずにカジュアルに仕上げています。細かい模様を彫るのも初心者の人では限界がありますが、できるだけ簡略化してワックスの模様にすればオリジナルの二人だけの結婚指輪に仕上がります。