ヤスリの削り跡デザインとハワイアン彫刻の手作り結婚指輪

イエローゴールドでハワイアンと削り跡デザインの手作り結婚指輪

大阪工房へご来店のお客様は関西全域からご来店頂いております。

本日ご紹介のお客様は京都府にお住いのお客様で梅田の大阪工房へご来店頂きました。

自分で指輪の原型を手作りする結婚指輪の大きなメリットは自分たちの好きなデザインを好きなように作ることが出来るという事です。

ご紹介のお客様も結婚指輪のデザインにとらわれず、それぞれ自分たちの身につけたい好みのデザインを作り結婚指輪として身につけたいとのご希望でした。

素材は18金イエローゴールドで統一していますが、デザインが全く違うものとなっています。

イエローゴールドでハワイアンと削り跡デザインの手作り結婚指輪

レディスは細身のストレート型ですが、表面の模様はワックスを削ったときのランダムな削り跡をそのままデザインに活かした手作り感のあるデザインでアンティーク風です。

メンズは幅が広く甲丸型のストレートで表面にはハワイアン彫刻を施した南国デザインです。ハワイアン彫刻は当店でも人気の彫刻で和彫りと比べて表面全周に埋め尽くすのでキラキラと輝きます。

通常ハワイアン彫刻はハイビスカス、波、マイレの葉のデザインを彫刻しますが、今回のお客様のご希望でウミガメデザインを彫刻しています。

ハワイではウミガメはホヌと呼ばれ海の守り神として崇められ、縁起の良いモチーフになっています。

イエローゴールドでハワイアンと削り跡デザインの手作り結婚指輪

デザインは全く違いますが、18金イエローゴールドに統一することでテイストは同じカジュアルになっています。

プラチナに比べるとゴールドの場合は酸化することがあるのでメンテナンスなども必要な場合がありますが、プラチナに比べるとジーンズなどラフな装いにはとても似合う色合いです。

この度は結婚指輪の手作りご来店ありがとうございました😊