ワックス製作の結婚指輪は自由な模様が可能

大阪工房で結婚指輪を手作りした兵庫のお客様

兵庫県よりご来店いただいたお客様です。

カジュアルな装いがとてもお似合いのカップル様でした。

手作りして頂いた結婚指輪は自作で指輪の表面を凸凹に削ったお二人にお似合いの結婚指輪になりました。

大阪工房で結婚指輪を手作りした兵庫のお客様

デザインを決定する際に沢山の見本をご覧になり、いろいろ迷っていましたが基本はカジュアルなストレート型のデザインに的を絞り込んで選んでいきました。

その中で既製品では見かけない表面の凸凹した指輪見本を気に入っていただき決定です。

写真は指輪ワックスの内側を削ってサイズを合わせている所です。

彼女が真剣な眼差して彼の作業を見つめています。

指輪の内側を削ってサイズを合わせる

ワックスは柔らかいので表面の模様を色々な方法で入れる事が出来ます。

どのような方法で表面に入れる事が出来るのかご紹介します。

ヤスリ

ヤスリを使った場合はヤスリの削り跡をそのまま表面の模様にすることが出来るので平らな不規則な面が沢山出来ます。

スパチュラ

スパチュラとは丸や三角など先の形が色々な形状の彫刻刀のような道具です。この道具を使ってワックスの表面に色々な模様を削ることが出来ます。不規則な形や模様を削る以外に具象など正確なモチーフを削り出すのにも使います。

ハンドモーター

ハンドモーターも先に着ける治具によって色々な形状の削り跡を付けることが出来ます。

今回の凸凹模様はラウンド型の丸いヤスリのような治具をつけ、回転させることによって丸い凹面の削り跡を付けました。

指輪原型の表面に模様を入れる兵庫のお客様

今回のデザインの様にランダムな凸凹な面を削るにはハンドモーターを使って模様を入れるのが一番簡単に彫ることが出来ます。

完成した手作り結婚指輪

お二人が手作りした結婚指輪の完成品がこちらです。

表面の凸凹はあえて鏡面に磨かずに削った削り跡をデザインとして活かしています。

女性物は細身でダイヤモンドを埋め込んで女性らしさを出しています。

この度はご来店ありがとうございました!

表面が凸凹したカジュアルな手作り結婚指輪
自作で表面を凸凹に削った手作り結婚指輪